ツインシリンダ鉄骨切断&コンクリート大割圧砕機 ガジラ大割カッター DF

圧砕・切断作業が可能なミニシリーズ

本体クラスの目安

1-2.5ton

各種コンクリートの大割圧砕、特殊鋼ブレードでの切断作業の双方を可能とする大割カッター。
オリジナルのツインシリンダで圧砕・切断・分別収集をパワフルに行えます。
同期リンクなしのシンプルな構造で、DF-22は2種の旋回タイプから選択可能です。

軽量で広い開口幅!
ミニクラスでも高い圧砕力

オリジナルのツインシリンダでパワフルな圧砕作業が可能です。狭い現場でも大きな開口幅(業界最大級)で、作業量は1クラス上にひけをとりません。
靭性に優れた特殊鋼によるオリジナル形状のブレードは、対象物にしっかりくい込む特殊形状の経済的な二面使用タイプ。オリジナルのツインシリンダ、アーム閉時に発生するねじれや曲げを極力抑えるオリジナル形状アームと、ミニクラスながらタグチの技術の粋を集めたモデルです。

MOVIE 製品動画

【デモ】ガジラ大割カッターDF(DF-10A)解体現場映像

【デモ】ガジラ大割カッターDF(DF-10A)破砕切断テスト

SPEC スペック比較

DF-12

A 1~1.5 17.6 20.6 810 265 125 157 225 120 -

DF-22

S 2~2.5 20.6 20.6 830 285 140 186 280 150 -
A 835 -

※Sタイプへは、2往復の油圧配管が必要です。
※Aタイプへは、1往復の油圧配管が必要です。(使用圧力が低い場合、旋回不能になることがあります。)
※ガジラシリーズを取付ける油圧ショベルには、アームの補強をおすすめします。
※クラスが異なる油圧ショベルには取付けることができません。

SERIES LINEUP シリーズラインアップ

SUPPORT サポート情報