プロモーション

02展示会

タグチ工業の新製品や主力商品、グループでの活動を紹介するために自社イベントの企画や、展示会へ出展をしています。
アジア最大級の環境イベント「NEW環境展」、建機業界の最新テクノロジーが集う「建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)」、岡山県内のものづくり企業が一堂に会す「おかやまテクノロジー展(OTEX)」などが恒例の展示会となっています。

  • バケットランドフェスタ

    毎年、カスタマーサポートの営業所で行うタグチこだわりの自社イベント。新製品紹介や認定中古販売の商談の場となっています。

  • おかやまテクノロジー展(OTEX)

    毎年コンベックス岡山にて開催。ものづくり企業が一堂に会すので、就職を目指す理工系の学生も多く来場する。

  • 建機業界展示会

    東京ビッグサイトで開催される『NEW環境展』や、幕張メッセで開催される『建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO)』などに出展。

03CM(動画制作)

岡山・香川を中心に、広くテレビCMを放映しています。製品にフォーカスをあてながらも、堅苦しくない、見ていて楽しいCMづくりを目指しています。また、タグチグループでは動画をとくに重視しており、グループ内に動画制作を専門とする会社「G-WORKS」を設立。CMもグループ内で制作しています。

  • クサカルゴンCM(放映/2020年6月〜)

    長く放映した『ガジラップ』からバトンタッチされたタグチの最新CM。グリーンのアタッチメントがガンガン草を刈る映像が巷の話題に!

  • 重機少女シリーズ(PR動画として2016年に制作)

    タグチの製品を扱う女の子が困った人たちを助けるショートストーリー。DSカッター、マグ・ゴン、ガリガリ君など全4篇がある。

  • フルCGシリーズ(放映/2013〜2014年 岡山・香川限定)

    「岡山が日本の首都になる」という衝撃的なコピーとともに始まるフルCGの三部作。平成26年度の岡山広告賞を受賞。

04スポンサード

タグチ工業では2018年から卓球Tリーグの「岡山リベッツ」を、2019年からバスケットBリーグの「トライフープ岡山」をそれぞれスポンサードしています。岡山リベッツではチームの立ち上げから、トライフープ岡山はBリーグ初参戦からのサポートです。今後、岡山で両チームの人気をどんどん盛り上げるべく、グループをあげて応援していきます。

  • 岡山リベッツ

    2018年度は総合2位と大健闘。翌年は惜しくも上位を逃したが、2020年度は新メンバーで優勝を目指す!

  • トライフープ岡山

    2019年、バスケットボール「B.LEAGUE」のB3リーグで参戦開始。優勝を掲げて臨む参入2年目の新シーズンは、2021年1月に開幕!

05アワード

タグチ工業の「ガジラDSカッター」と「マグ・ゴン」が2018年度のグッドデザイン賞をそれぞれ受賞しました。とくにDSカッターは審査委員からとくに高い評価を得た100点だけに与えられる「グッドデザイン賞ベスト100」にも選出されています。また地元岡山県で開催される「OKAYAMAものづくりコンテスト」においては、史上初3年連続でタグチ製品が最優秀作品賞を受賞しています。

プロジェクト

タグチ工業が手がけるプロジェクトは、人も時間も惜しみません。やるからにはとことん本気で取り組みます。巨大ロボットの制作も、はては「宇宙に向けて」という思いまですべて真剣。それがタグチの企業風土なのです。

重機型巨大ロボットの開発・製造

プロジェクトの発端は、タグチ工業オリジナルのゲームアプリでした。そこに登場する重機型ロボット、つまり完全にゲームの世界のロボットを「実際に作ってみようか」と制作に入ります。下半身にあたる駆動部分は日立建機のホイールローダーを使用、上半身は完全なオリジナルです。初披露は2015年7月、フジテレビの「お台場夢大陸」で軽快な曲に合わせてダンスする姿は大きな話題となりました。以降も全国のイベントにひっぱりだこの状態。名実ともにタグチグループの広告塔です。

JAXAとの超軽量建機共同研究プロジェクト

2015年にJAXAの「宇宙探査イノベーションハブ」に応募。タグチ工業の超軽量建機の研究提案が採択され、JAXAのもとで共同研究がスタートしました。2016年にはCFRP製と超軽量金属製の2種のアームを完成させ、実験結果から驚異的な性能を発揮。以降も地上と宇宙を想定した超軽量建機の研究は継続されており、ブームやエンジンカバー、駆動部分のパーツなどにCFRPを用いることで、重さ約1トンの油圧ショベルを800kg台にまで軽量化することに成功しています(2020年現在)。