ツインシリンダ鉄骨・鉄筋切断機 【低騒音・低振動型】 ガジラDSカッター

業界トップクラスの切断力・軽量化・開口幅を実現

本体クラスの目安

3-45ton

ツインシリンダで鉄骨や鉄筋を含んだコンクリート構造物を切断・圧砕する驚異の切断力を発揮。
あらゆる解体現場で優れた切断能力を発揮する、タグチを代表するカッターシリーズです。
切断しながら対象物を掴めるDXGGシリーズが新登場!

対象物に鋭く食い込む
特殊鋼ブレードで強力切断

切断対象物に鋭く食い込み、鉄骨に穴を開ける繊細な作業も容易な特殊形状ブレードです。先端ブレードは2面、根元側は4面使用タイプ。ガジラカッター専用の特殊鋼材使用で、鉄骨、鉄筋、ケーブル等、薄物・厚物を問わず切断可能です。同期リンクなしのDXシリーズに加え、切断しながら対象物を掴めるDXGGシリーズが新登場!

自社製シリンダで
業界トップクラスの切断力と
開口幅を実現した最強カッター

オリジナルのツインシリンダによる広い開口幅と圧倒的な切断力が最大の特徴。異物の混入を防ぐ本体フレームサイドカバー、シリンダロッドカバー、増速バルブ(アーム閉じ側)を標準搭載しながらも軽量化を実現させています。
旋回方式はSタイプ(油圧全旋回)、Aタイプ(オートマ自動旋回)の2タイプ。新旋回方式のASタイプを選べる機種も新登場!

切断しながらにして
対象物を掴める新モデル、
DXGGシリーズ

切断しながらにして対象物を掴める、新形状のDXGGシリーズ。切断した対象物をアーム先端で摘まむことも可能です。ガジラDSカッターの驚異的な切断力はそのままに、更に多彩なシーンで役立つ新カッターの登場です。

業界初! ショベルを選ばない!
ハイブリッドモデルの
ASタイプが新登場

業界初の旋回方式、ASタイプが新登場。従来のAタイプ、Sタイプが一つになったハイブリットモデルです。切り替えバルブによる簡単セットアップで、2本配管ショベルの場合は「Aモード=オートマ旋回」、5本配管ショベルの場合は「Sモード=全旋回」が選択可能です。

2018年度グッドデザイン賞
特別賞受賞モデル

「構造力学から生まれたその姿はとても美しく、まるでティラノサウルスの頭部を思い浮かべさせ、その存在感は圧倒的な破壊力と脅威すら感じるデザインと言える。」(グッドデザイン審査員評価コメントより)
2018年度グッドデザイン賞にて、ガジラDSカッターは受賞対象のなかから選出される「グッドデザイン賞 ベスト100」を受賞。さらに、審査委員会からとくに高い評価を得た優れたデザインに与えられる「特別賞/グッドフォーカス賞」を受賞しています。

MOVIE 製品動画

【デモ】ガジラDSカッター(DX-202A)

【コーポレート動画】タグチ工業の製品がグッドデザイン賞2018受賞!

【PV】鉄骨・鉄筋切断機『ガジラDSカッター』

【デモ】ガジラDSカッター(DSX-300A)車切断テスト

SPEC スペック比較

DX S/A/ASタイプ 仕様表

DX-36

S 3~4 24.5 1000 250 -85 165+103 247 365 270
A

DX-42

S 4~5 24.5 1310 375 -110 205+155 323 500 440
A 450

DX-62

S 6~8 27.4 1540 505 -120 260+175 431 627 810
A

DX-135

S 12~14 31.4 1910 700 -145 325+210 759 1100 1540
A 1530
AS 1550

DX-202

S 20~22 31.4 2230 835 -190 400+260 1000 1470 2460
A 2470
AS 2480

DX-302

S 30~37 31.4 2560 1010 -210 450+310 1260 1880 3780
A -

DX-402

S 40~45 31.4 2740 1100 -260 500+345 1340 2000 4640
A

※Sタイプ(ASタイプのSモード時含む)には、2往復の油圧配管が必要です(但し、DX-36S・DX-42S以外の機種は、旋回中の背圧が2MPaを超える場合、ドレン配管が必要です)。
※Aタイプ(ASタイプのAモード時含む)には、1往復の油圧配管が必要です(使用圧力が低い場合、旋回不能になることがあります)。
※ガジラシリーズを取付ける油圧ショベルには、アームの補強をおすすめします。
※クラスが異なる油圧ショベルには取付けることができません。

DXGG S/A/ASタイプ 仕様表

DXGG-135

S 12~14 31.4 2010 1030 325+210 647 759 1100 1550 -
A -
AS 1570 -

DXGG-202

S 20~22 31.4 2330 1240 400+260 816 1000 1470 2480 -
A 2490
AS 2500 -

※Sタイプ(ASタイプのSモード時含む)には、2往復の油圧配管が必要です(但し、旋回中の背圧が2MPaを超える場合、ドレン配管が必要です)。
※Aタイプ(ASタイプのAモード時含む)には、1往復の油圧配管が必要です(使用圧力が低い場合、旋回不能になることがあります)。
※ガジラシリーズを取付ける油圧ショベルには、アームの補強をおすすめします。
※クラスが異なる油圧ショベルには取付けることができません。

H型鋼最大切断能力表

構造用・広幅 高さ H[mm] 125 150 200 300 350 400 400
幅 B[mm] 125 150 200 300 350 400 400
厚さ t1[mm] 6.5 7 8 10 12 13 13
厚さ t2[mm] 9 10 12 15 19 21 21
構造用・細幅/中幅 高さ H[mm] 200 250 350 500 600 700 700
幅 B[mm] 100 125 175 200 300 300 300
厚さ t1[mm] 5.5 6 7 10 12 13 13
厚さ t2[mm] 8 9 11 16 17 20 20

SERIES LINEUP シリーズラインアップ

SUPPORT サポート情報