ツインシリンダ鉄骨・鉄筋切断機 【低騒音・低振動型】 ガジラDSカッター

業界トップクラスの切断力・軽量化・開口幅を実現

本体クラスの目安

3-45ton

ツインシリンダで鉄骨や鉄筋を含んだコンクリート構造物を切断・圧砕する驚異の切断力を発揮。
あらゆる解体現場で優れた切断能力を発揮する、タグチを代表するカッターシリーズです。
アームがシンクロするDSXシリーズと、同期リンクなしのDXシリーズをラインアップ。

自社製シリンダで
業界トップクラスの切断力と
開口幅を実現した最強カッター

オリジナルのツインシリンダによる広い開口幅と圧倒的な切断力が最大の特徴。異物の混入を防ぐ本体フレームサイドカバー、シリンダロッドカバー、増速バルブ(アーム閉じ側)を標準搭載しながらも軽量化を実現させています。
旋回方式はSタイプ(油圧全旋回)、Aタイプ(オートマ自動旋回)の2タイプから選べます。

対象物に鋭く食い込む
特殊鋼ブレードで強力切断

切断対象物に鋭く食い込み、鉄骨に穴を開ける繊細な作業も容易な特殊形状ブレードです。先端ブレードは2面、根元側は4面使用タイプ。ガジラカッター専用の特殊鋼材使用で、鉄骨、鉄筋、ケーブル等、薄物・厚物を問わず切断可能です。
DSXシリーズは2つのブレードがシンクロする同期リンク採用モデルで、常に対象物をアーム中心にとらえながら切断・圧砕できます。同期リンクなしのDXシリーズも!

2018年度グッドデザイン賞
特別賞受賞モデル

「構造力学から生まれたその姿はとても美しく、まるでティラノサウルスの頭部を思い浮かべさせ、その存在感は圧倒的な破壊力と脅威すら感じるデザインと言える。」(グッドデザイン審査員評価コメントより)
2018年度グッドデザイン賞にて、ガジラDSカッターは受賞対象のなかから選出される「グッドデザイン賞 ベスト100」を受賞。さらに、審査委員会からとくに高い評価を得た優れたデザインに与えられる「特別賞/グッドフォーカス賞」を受賞しています。

MOVIE 製品動画

【コーポレート動画】タグチ工業の製品がグッドデザイン賞2018受賞!

【PV】鉄骨・鉄筋切断機『ガジラDSカッター』

【デモ】ガジラDSカッター(DSX-300A)車切断テスト

SPEC スペック比較

DSX-32

S 3~4 24.5 1120 225 -95 165+103 245 372 330 -
A -

DX-32

S 3~4 24.5 1120 225 -95 165+103 245 372 330 -
A -

DSX-40

S 4~5 24.5 1310 375 -110 205+155 323 500 450
A 460

DX-42

S 4~5 24.5 1310 375 -110 205+155 323 500 460 -
A -

DSX-60

S 6~8 27.4 1570 505 -120 260+175 431 627 810
A

DX-62

S 6~8 27.4 1540 505 -120 260+175 431 627 820 -
A -

DSX-132

S 12~14 31.4 1930 700 -150 325+210 735 1060 1540 -
A -

DX-132

S 12~14 31.4 1930 700 -150 325+210 735 1060 1540 -
A -

DSX-202

S 20~22 31.4 2200 835 -190 400+260 990 1440 2490 -
A

DX-202

S 20~22 31.4 2200 830 -190 400+260 1000 1470 2460 -
A 835

DSX-302

S 30~37 31.4 2570 1010 -210 450+310 1270 1870 3810 -
A 3780 -

DX-302

S 30~37 31.4 2570 1010 -210 450+310 1270 1870 3780 -
A -

DX-402

S 40~45 31.4 2740 1100 -260 500+345 1338 2000 4640 -
A -

※Sタイプへは、2往復の油圧配管が必要です。(但し、DSX-32S・DX-32S・DSX-40S・DX-42S以外の機種は、回転ラインの背圧が2MPaを超える場合、ドレン配管が必要です。)
※Aタイプへは、1往復の油圧配管が必要です。(使用圧力が低い場合、旋回不能になることがあります。)
※ガジラシリーズを取付ける油圧ショベルには、アームの補強をおすすめします。
※クラスが異なる油圧ショベルには取付けることができません。

SERIES LINEUP シリーズラインアップ

SUPPORT サポート情報