SERVICE
ENGINNER
サービスエンジニア

建設業者や建機リース会社に向けてアタッチメントのレンタルや修理を手掛ける、カスタマーサポートショップ「バケットランド」。自社製品を自社でレンタルすることで、責任あるサポート体制が取れるとともに、ユーザーの声をいち早く製品づくりにフィードバックすることができます。バケットランドで働くサービスエンジニアはまさにその最前線に立つ仕事。現場ユーザーと密にコミュニケーションし、貴重な意見を汲み上げます。

JOB DESCRIPTION 仕事内容

高い知識と技術をもつ
アタッチメントの専門家

建設業者や建機リース会社に向けてアタッチメントのレンタルや修理を手掛ける、カスタマーサポートショップ「バケットランド」のメンテナンススタッフです。お客様からの問い合わせ→ニーズに合う製品をセレクト→装着する重機に合わせて必要なパーツをセッティング→貸出し→返却対応・清算→製品の洗浄・リペア、が主な仕事の流れです。ユーザーの生の声を聞き、製品に対する意見を汲み上げるのも大切な仕事です。

バケットランド店舗内

営業所がキレイ! がタグチのモットー。ズラリと並んだアタッチメントの見事なまでの整然さに、タグチらしいこだわりが表れているのです。

ITでスマート化された商品管理

大きな工具を使って仕事をこなす一方で、商品管理などは社内の専用システムを使って行います。業務がスマート化されており、誰でも簡単に行えます。

メンテナンスも担当

用途やサイズに合わせて、スパナやレンチだけでもたくさんの種類があります。工具棚へ美しく機能的に収納しています。

INTERVIEW インタビュー

サービスエンジニア

Iさん2018年入社

アフターサービスこそメーカーの要。
豊富な現場知識をもったプロになれる。

入社の動機は?
僕が就職を決めるときに大事にしていたのは「入った会社で長く働くこと」でした。そのためには働きやすさに加えて会社の安定性も大きなポイントになってくる。タグチの製品ってビルや空き家の解体から公共事業まで、色んな工事に携わっているんですよ。この幅広い製品力に安定性があると感じ、安心して目一杯働けるなと思い入社を決めました。
入社しての印象は?
スタッフそれぞれが自分のもっている強みを活かした仕事をしているなと思いました。メンテナンス部門には色んな人がいます。整備が得意な人、お客様とのやり取りが得意な人、知識が豊富な人 ―――。みんな自分の個性を強みとしてうまく仕事に活かしています。僕自身は手広く対応できる柔軟さが強みとなるように心がけています。大きな判断を任せてもらえる緊張感や厳しい面もありますが、それはその分自分に伸びしろがあるということ。働いていて自分の能力が引き上げられているなって感じがありますよ。
仕事の魅力は?
自分の頑張りがダイレクトにお客様に伝わるところですね。バケットランドでは他店だと断られてしまうような難しい修理依頼にも対応するので、困った時に相談してくれるお客様が多いんです。難しい修理には苦戦するときもありますが、補修できた製品を見たお客様が「ありがとう!」って喜んでくれる顔を見るとやりがいを感じます。”困った時はバケットランドがある”という期待に応えて信頼関係を重ねていくことで次の仕事にも繋がるし、自分が困った時にはお客様が助けてくれることもあるんですよ。

MESSAGE

どんなことでも真剣に続けていく。その頑張りや努力は必ず誰かが見てくれています。僕は朝の掃除は真剣に取り組むと決めて毎朝実行していますが、続けていると「頑張ってるね」って、声をかけられることが増えました。自分が真摯に仕事に取り組む姿勢を通して、タグチの良さを伝えていけたらいいなと思っています。

EPISODE

地元名古屋での研修を経て大阪や広島への転勤を経験してきました。面白いなと思ったのは、各都道府県でよく使われるアタッチメントが違うということ。大阪のような都市部の解体現場だと、現場に重機を配置する十分なスペースがないんです。そのため、重機が建物の最上階から最下層に向かって解体していく「階上解体」に対応できる製品のオーダーが入ったり。違う現場では見たことも無いくらい大きな重機を使った解体現場を見る機会もありました。知識を蓄え成長できたのは、お客様とその現場のおかげだなと思っています。