カスタマーサポート
(ホースマン)

渡部 紘希 2019年入社

入社のきっかけを教えてください。

なんだか面白そうだなって、目にとまったんです。

前職は自衛隊に勤めていました。やりがいはあったのですが、もっと地元に近い場所で働きたいと思い転職を決意しました。タグチ工業のことを知ったのは自衛隊の就職説明会に参加した時です。他と比べるとタグチのブースは、会社見学VRやミニチュアを置いていて目立っていましたね。どんな会社か知らなかったけど、とりあえず席に座って実際に話を聞くと「お、面白そうだな」って思って。そのまま入社を決めました。

ホースマンってどんな仕事ですか?

ホースについてのトラブルは必ず解決する。
それがホースマンです。

ホースマンは簡潔に説明すると、お客様から修理依頼の連絡が入ったら、現場に駆けつけてトラブルを解決する「訪問修理」の仕事です。油圧ホースの訪問修理ってあまり他では見ない職種で、だからこそ未経験でも飛び込みやすいのかなと思います。実際、僕も未経験からのスタートでしたが独り立ちするための研修も整っているし、何か分からないことがあっても先輩が同行してくれていたので働きやすい職場だなって思いました。最近は後輩から「修理の仕方を教えてください」って相談されることも増えてきましたね。

仕事での嬉しかった出来事を教えてください。

工事現場の進行に貢献できたこと、
お客様に喜んでもらえたことですね。

ある時、すごく難しい修理依頼が入ってきたんです。重機の油圧ホースから油漏れしていて、故障箇所がエンジンをおろさないと見えないくらいの難所で。重機を一旦工場へ運んで修理した方がいいんじゃ無いか、という話も出ましたが、そうなると運送費もかかるし何より工事自体が1〜2週間止まってしまう。ホースのどこかが漏れてるのは間違いないのだからと、とにかく僕は修理に集中しました。修理が終わった時は担当の方も驚いていましたね。「ウソでしょ!? よくやったね。ありがとう!」って感謝された時は嬉しかったですね。

1日のタイムスケジュール

出勤

倉敷営業所のメンバー全員で掃除、ラジオ体操を行います。

出動準備

今日のスケジュールに合わせて修理に必要な材料を揃えて、出発します。

修理点検

お客様から依頼のあったホースの修理と、重機の点検を行います。定期的に訪問しているお客様には「最近調子どう?」と声をかけていただくことも多いですね。

移動

次のお客様に向けて移動します。

電話対応

後輩が担当している現場で分からないことがあった場合は電話をもらって指示出しをします。時には後輩の現場に駆けつけて手伝うことも。

ホース修理

経年劣化をしている油圧ホースを修理してほしい、と依頼が入ったので駆けつけ、修理対応。急な依頼にも対応します。

昼食

車内で昼食をとります。休憩時には自分の好きな曲を流すことも。

次の現場に向けて出発

移動が多い職種なので安全運転も大事な仕事のひとつです。

油漏れの修理

油漏れをしているショベルのホース交換を行います。修理後はショベルを自分で動かして動作確認をする場合もあります。

営業所へ帰社

帰社後はまず、ホースマンカーの掃除を行います。その後はフロント業務を担当している上司と一緒に明日の案件整理をして各担当に連絡を入れます。打合せ後は明日の準備を整えて終業します。