ツインシリンダ大割圧砕機 ガジラ大割機D

業界トップクラスの開口幅と軽量化を実現!

本体クラスの目安

3-100ton

同期リンクなしのシンプルなデザイン構造で、メンテナンスコスト削減を実現しました。
標準装備の二面使用が可能な特殊鋼ブレードで、コンクリート圧砕時に現れる鉄筋切断も可能です。
ビル解体や基礎解体など一次圧砕に威力を発揮します。

業界随一の軽量化に成功
旋回方式は3タイプから

とにかく軽い! 同期リンクなしのシンプルなデザイン構造で軽量化を実現、メンテナンスコスト削減を可能としました。軽量ながらタグチこだわりの強固な削り出しアーム、ツインシリンダで強力圧砕。
旋回方式はFタイプ(フリー旋回)、Sタイプ(油圧全旋回)、Aタイプ(オートマ自動旋回)の3タイプからお選びいただけます。

自社製シリンダで
業界最大開口幅を実現!

自社製シリンダにより圧砕力を保ったまま、広い開口幅を実現! D-212F/S/Aは1,300mm、D-352F/S/Aは1,550mmと業界最大開口幅を誇ります。増速バルブは全クラスに標準搭載。12ton用以上はオプションで、W増速バルブ(閉じ側+開き側)を搭載可能です。

MOVIE 製品動画

【PV】ツインシリンダ大割圧砕機『ガジラ大割機D』

SPEC スペック比較

D-35B

F 3~4 24.5 24.5 1000 360 100 240 358 240 -
S -
A

D-42

F 4~5 24.5 24.5 1240 500 110 343 529 380 -
S -
A -

D-62

F 6~8 24.5 27.4 1690 630 130 431 676 720
S 730 -
A

D-71

F 6~8 24.5 27.4 1720 800 130 519 794 850
S 870
A 880

D-122

F 12~14 29.4 31.4 1870 900 130 532 834 1090 -
S -
A -

D-131

F 12~14 31.4 34.3 2070 1000 170 725 1120 1400
S 1430
A 1400

D-212

F 20~22 31.4 34.3 2350 1300 210 1160 1730 2350
S 2370 -
A

D-352

F 30~37 31.4 34.3 2820 1550 240 1380 2110 3680 -
S -
A 2680
1402 2197 3630 -

D-412

F 40~45 31.4 34.3 3100 1800 240 1380 2110 4600 -
S -
A -

D-452

F 40~45 31.4 34.3 3190 1900 240 1380 2110 5110 -
S -
A -

D-482

F 45~55 31.4 34.3 3310 2000 240 2250 3370 6070 -
S -
A -

D-492

F 45~55 31.4 34.3 3410 2200 240 2060 3150 6380 -
S -
A -

D-1052

F 100 31.4 34.3 3260 1900 240 1338 2110 5610 -
S -
A -

D-1082

F 100 31.4 34.3 3380 2000 240 2250 3370 6600 -
S -
A -

D-1092

F 100 31.4 34.3 3450 2200 240 2060 3150 6880 -
S -
A -

※Fタイプへは、1往復の油圧配管が必要です。
※Sタイプへは、2往復の油圧配管が必要です。(但し、D-35BS・D-42S以外の機種は、回転ラインの背圧が2MPaを超える場合、ドレン配管が必要です。)
※Aタイプへは、1往復の油圧配管が必要です。(使用圧力が低い場合、旋回不能になることがあります。)
※ガジラシリーズを取付ける油圧ショベルには、アームの補強をおすすめします。
※クラスが異なる油圧ショベルには取付けることができません。
※D-35Bの取付対応機種は販売店までお問い合わせください。

SERIES LINEUP シリーズラインアップ

SUPPORT サポート情報