破壊しているんじゃないか?
いえ、私たちは新しい世界を創っているのです。
ようこそ、TAGUCHi の織り成す世界へ。

破壊しているんじゃないか?
いえ、

私たちは新しい世界を創っているのです。
ようこそ、TAGUCHi の織り成す世界へ。

破壊しているんじゃないか?
いえ、私たちは新しい世界を創っているのです。
ようこそ、TAGUCHi の織り成す世界へ。

TV-CM

第1弾!! 岡山新首都化計画、始動。 篇

ふと舞い込んで来た、驚くべき情報。「もしかしたら、最短で来年かも知れない」「いや、
2099 年の可能性もある」「いや、我々の例の計画を遂行する年、2020 年だ」・・・さまざ
まな憶測に翻弄される、TAGUCHi の技術開発チームの面々。しかも。首都建設の実行部隊
として指名が入ったのは他でもない、TAGUCHi に在籍する“精鋭たち”だった!

TV-CM

第1弾!!

岡山新首都化計画、始動。 篇

ふと舞い込んで来た、驚くべき情報。「もしかしたら、最短で来年かも知れない」「いや、2099 年の可能性もある」「いや、我々の例の計画を遂行する年、2020 年だ」・・・さまざまな憶測に翻弄される、TAGUCHi の技術開発チームの面々。しかも。首都建設の実行部隊として指名が入ったのは他でもない、TAGUCHi に在籍する“精鋭たち”だった!

TV-CM

第1弾!! 岡山新首都化計画、始動。 篇

ふと舞い込んで来た、驚くべき情報。「もしかしたら、最短で来年かも知れない」「いや、
2099 年の可能性もある」「いや、我々の例の計画を遂行する年、2020 年だ」・・・さまざ
まな憶測に翻弄される、TAGUCHi の技術開発チームの面々。しかも。首都建設の実行部隊
として指名が入ったのは他でもない、TAGUCHi に在籍する“精鋭たち”だった!

1st STORY

「20XX 年・・・岡山は、日本の首都になる!?」
ふと舞い込んで来た、驚くべき情報。「もしかしたら、最短で来年かも知れない」「いや、2099 年の可能性もある」「いや、我々の例の計画を遂行する年、2020 年だ」・・・さまざまな憶測に翻弄される、TAGUCHi の技術開発チームの面々。しかも。首都建設の実行部隊として指名が入ったのは他でもない、TAGUCHi に在籍する“精鋭たち”だった!


「いずれにせよ、これは我々にとって一大事だ!」
首都建設に大きな穴をあけるわけにはいかない。準備を急がなくては!重大な任務に奮い立つ面々。いざ向かうは、岡山の中心地!


偉大なる指令者。
スペースシップから出される指示。TAGUCHi の“精鋭”たちは、新首都建設に関わる詳細情報をインプットした。高度な頭脳に加え、必要なのは、揺るぎない勇気・・・。すべてを備えた“精鋭”たちは、一斉に街に飛び出した!


“精鋭たち”、ついに始動。
先頭を切ったのは、GUZZILLA 小割機。負けじと躍り出た全旋回グラスパーも、その後に続く。先端のガリガリをフルチャージでかき鳴らすのは、ガリガリ君だ。そして・・・満を持して登場、GUZZILLA 大割機!!
“4 人”の精鋭たちに加え、TAGUCHi が開発した仲間たちが一堂に会し、新しい街を創造していく。街は、最強の首都機能を備え、みるみる生まれ変わっていった。


新首都、「マスカット・シティ」。
精鋭たちの努力の甲斐あり、新首都計画は見事、指令どおりの期日に間に合った。日の光に照らされ、晴れ晴れと輝き誇る新首都。その名も、「マスカット・シ ティ」。この街には、ガソリンも電気も使わない“リニア超特急 
MAMAKARI号”が空を舞い、世界屈指の建築技術で具現化した“高層タワー OKAYAMA KIBI-DANGO”がそびえ立つ。マスカットカラーのドームたちが街を包み、そばには“守護神モモタロウ”の像が鎮座する“モモピラミッド”が街を見守る。------世界にその名をとどろかせることになるこの街は、古来の伝説や伝統までをも新しい首都機能に昇華させている。新首都計画にまつわるこうした見事な仕事ぶりは、あっとい う間に日本全国へ、さらには地球規模で知れわたることとなり・・・

 

<CAST>

GUZZILLA 大割機
全旋回グラスパー
ガリガリ君
GUZZILLA 小割機

1st STORY

「20XX 年・・・岡山は、日本の首都になる!?」
ふと舞い込んで来た、驚くべき情報。「もしかしたら、最短で来年かも知れない」「いや、2099 年の可能性もある」「いや、我々の例の計画を遂行する年、2020 年だ」・・・さまざまな憶測に翻弄される、TAGUCHi の技術開発チームの面々。しかも。首都建設の実行部隊として指名が入ったのは他でもない、TAGUCHi に在籍する“精鋭たち”だった!


「いずれにせよ、これは我々にとって一大事だ!」
首都建設に大きな穴をあけるわけにはいかない。準備を急がなくては!重大な任務に奮い立つ面々。いざ向かうは、岡山の中心地!


偉大なる指令者。
スペースシップから出される指示。TAGUCHi の“精鋭”たちは、新首都建設に関わる詳細情報をインプットした。高度な頭脳に加え、必要なのは、揺るぎない勇気・・・。すべてを備えた“精鋭”たちは、一斉に街に飛び出した!


“精鋭たち”、ついに始動。
先頭を切ったのは、GUZZILLA 小割機。負けじと躍り出た全旋回グラスパーも、その後に続く。先端のガリガリをフルチャージでかき鳴らすのは、ガリガリ君だ。そして・・・満を持して登場、GUZZILLA 大割機!!
“4 人”の精鋭たちに加え、TAGUCHi が開発した仲間たちが一堂に会し、新しい街を創造していく。街は、最強の首都機能を備え、みるみる生まれ変わっていった。


新首都、「マスカット・シティ」。
精鋭たちの努力の甲斐あり、新首都計画は見事、指令どおりの期日に間に合った。日の光に照らされ、晴れ晴れと輝き誇る新首都。その名も、「マスカット・シ ティ」。この街には、ガソリンも電気も使わない“リニア超特急 
MAMAKARI号”が空を舞い、世界屈指の建築技術で具現化した“高層タワー OKAYAMA KIBI-DANGO”がそびえ立つ。マスカットカラーのドームたちが街を包み、そばには“守護神モモタロウ”の像が鎮座する“モモピラミッド”が街を見守る。------世界にその名をとどろかせることになるこの街は、古来の伝説や伝統までをも新しい首都機能に昇華させている。新首都計画にまつわるこうした見事な仕事ぶりは、あっとい う間に日本全国へ、さらには地球規模で知れわたることとなり・・・

 

<CAST>

GUZZILLA 大割機
全旋回グラスパー
ガリガリ君
GUZZILLA 小割機

1st STORY

「20XX 年・・・岡山は、日本の首都になる!?」
ふと舞い込んで来た、驚くべき情報。「もしかしたら、最短で来年かも知れない」「いや、2099 年の可能性もある」「いや、我々の例の計画を遂行する年、2020 年だ」・・・さまざまな憶測に翻弄される、TAGUCHi の技術開発チームの面々。しかも。首都建設の実行部隊として指名が入ったのは他でもない、TAGUCHi に在籍する“精鋭たち”だった!


「いずれにせよ、これは我々にとって一大事だ!」
首都建設に大きな穴をあけるわけにはいかない。準備を急がなくては!重大な任務に奮い立つ面々。いざ向かうは、岡山の中心地!


偉大なる指令者。
スペースシップから出される指示。TAGUCHi の“精鋭”たちは、新首都建設に関わる詳細情報をインプットした。高度な頭脳に加え、必要なのは、揺るぎない勇気・・・。すべてを備えた“精鋭”たちは、一斉に街に飛び出した!


“精鋭たち”、ついに始動。
先頭を切ったのは、GUZZILLA 小割機。負けじと躍り出た全旋回グラスパーも、その後に続く。先端のガリガリをフルチャージでかき鳴らすのは、ガリガリ君だ。そして・・・満を持して登場、GUZZILLA 大割機!!
“4 人”の精鋭たちに加え、TAGUCHi が開発した仲間たちが一堂に会し、新しい街を創造していく。街は、最強の首都機能を備え、みるみる生まれ変わっていった。


新首都、「マスカット・シティ」。
精鋭たちの努力の甲斐あり、新首都計画は見事、指令どおりの期日に間に合った。日の光に照らされ、晴れ晴れと輝き誇る新首都。その名も、「マスカット・シ ティ」。この街には、ガソリンも電気も使わない“リニア超特急 
MAMAKARI号”が空を舞い、世界屈指の建築技術で具現化した“高層タワー OKAYAMA KIBI-DANGO”がそびえ立つ。マスカットカラーのドームたちが街を包み、そばには“守護神モモタロウ”の像が鎮座する“モモピラミッド”が街を見守る。------世界にその名をとどろかせることになるこの街は、古来の伝説や伝統までをも新しい首都機能に昇華させている。新首都計画にまつわるこうした見事な仕事ぶりは、あっとい う間に日本全国へ、さらには地球規模で知れわたることとなり・・・

 

<CAST>

GUZZILLA 大割機
全旋回グラスパー
ガリガリ君
GUZZILLA 小割機

TV-CM

第2弾!! 地下都市計画、実行。 篇

「岡山での成功が導いた、次なる使命」
”岡山新首都化計画”を成功させた精鋭たち。その誉れ高き姿は、日本国内だけでなく、世界中の人々の記憶に焼き付けられることになった。しかし、注目を浴びた精鋭たちは、喜びにひたる間もなく新たな指令を受けることに・・・

TV-CM

第2弾!!

地下都市計画、実行。 篇

「岡山での成功が導いた、次なる使命」
”岡山新首都化計画”を成功させた精鋭たち。その誉れ高き姿は、日本国内だけでなく、世界中の人々の記憶に焼き付けられることになった。しかし、注目を浴びた精鋭たちは、喜びにひたる間もなく新たな指令を受けることに・・・

TV-CM

第2弾!! 地下都市計画、実行。 篇

「岡山での成功が導いた、次なる使命」
”岡山新首都化計画”を成功させた精鋭たち。その誉れ高き姿は、日本国内だけでなく、世界中の人々の記憶に焼き付けられることになった。しかし、注目を浴びた精鋭たちは、喜びにひたる間もなく新たな指令を受けることに・・・

2nd STORY

岡山での成功が導いた、次なる使命。
”岡山新首都化計画”を成功させた精鋭たち。その誉れ高き姿は、日本国内だけでなく、世界中の人々の記憶に焼き付けられることになった。しかし、注目を浴びた精鋭たちは、喜びにひたる間もなく新たな指令を受けることに・・・

 

その目的は?
今度は、ある国際機関がTAGUCHiの技術開発チームに接触して来た。その目的とは?------「地球に、地下都市を創れ!」

 

いざ、地下へ。
地球の中に地下都市を創るとは・・・。国際機関は、いったい何を計ったのか。彼らの意志なのか、それともあの偉大なる指令者の指示なのか?
精鋭たちは、初めてのことになかば戸惑いながらも動き始めた。岡山の新都市「マスカット・シティ」で得たノウハウと、想像を超える出来事を乗り越えながら、チカラをあわせて地下へ地下へと突き進む・・・。

 

地下都市、「ピーチタウン」
途中、横道にそれながらも無事に目的を達成した精鋭たち。地球の地下には何と、無数の街が輝きを放ち浮遊しているではないか! 美しく光るその特徴的な姿カタチを見た人々は、新たな地下都市を「ピーチタウン」と名付けたのであった。
とどまることを知らない彼らのチカラは、どこまで強くなるのだろうか。偉業を成し遂げた彼らの、この先の運命は・・・?

 

 

<CAST>

GUZZILLA 大割機
ガリガリ君

2nd STORY

岡山での成功が導いた、次なる使命。
”岡山新首都化計画”を成功させた精鋭たち。その誉れ高き姿は、日本国内だけでなく、世界中の人々の記憶に焼き付けられることになった。しかし、注目を浴びた精鋭たちは、喜びにひたる間もなく新たな指令を受けることに・・・

 

その目的は?
今度は、ある国際機関がTAGUCHiの技術開発チームに接触して来た。その目的とは?------「地球に、地下都市を創れ!」

 

いざ、地下へ。
地球の中に地下都市を創るとは・・・。国際機関は、いったい何を計ったのか。彼らの意志なのか、それともあの偉大なる指令者の指示なのか?
精鋭たちは、初めてのことになかば戸惑いながらも動き始めた。岡山の新都市「マスカット・シティ」で得たノウハウと、想像を超える出来事を乗り越えながら、チカラをあわせて地下へ地下へと突き進む・・・。

 

地下都市、「ピーチタウン」
途中、横道にそれながらも無事に目的を達成した精鋭たち。地球の地下には何と、無数の街が輝きを放ち浮遊しているではないか! 美しく光るその特徴的な姿カタチを見た人々は、新たな地下都市を「ピーチタウン」と名付けたのであった。
とどまることを知らない彼らのチカラは、どこまで強くなるのだろうか。偉業を成し遂げた彼らの、この先の運命は・・・?

 

 

<CAST>

GUZZILLA 大割機
ガリガリ君

2nd STORY

岡山での成功が導いた、次なる使命。
”岡山新首都化計画”を成功させた精鋭たち。その誉れ高き姿は、日本国内だけでなく、世界中の人々の記憶に焼き付けられることになった。しかし、注目を浴びた精鋭たちは、喜びにひたる間もなく新たな指令を受けることに・・・

 

その目的は?
今度は、ある国際機関がTAGUCHiの技術開発チームに接触して来た。その目的とは?------「地球に、地下都市を創れ!」

 

いざ、地下へ。
地球の中に地下都市を創るとは・・・。国際機関は、いったい何を計ったのか。彼らの意志なのか、それともあの偉大なる指令者の指示なのか?
精鋭たちは、初めてのことになかば戸惑いながらも動き始めた。岡山の新都市「マスカット・シティ」で得たノウハウと、想像を超える出来事を乗り越えながら、チカラをあわせて地下へ地下へと突き進む・・・。

 

地下都市、「ピーチタウン」
途中、横道にそれながらも無事に目的を達成した精鋭たち。地球の地下には何と、無数の街が輝きを放ち浮遊しているではないか! 美しく光るその特徴的な姿カタチを見た人々は、新たな地下都市を「ピーチタウン」と名付けたのであった。
とどまることを知らない彼らのチカラは、どこまで強くなるのだろうか。偉業を成し遂げた彼らの、この先の運命は・・・?

 

 

<CAST>

GUZZILLA 大割機
ガリガリ君

TV-CM

第3弾!! かの星の救済計画、いかに。 篇

「いったい何なんだ?」
目の前にあるのは、爆発を繰り返す惑星。惑星の名は「モモー」。青く輝く地球と比べ、その星は全体が黒みがかった赤色に染まっている。まるで怒りに燃え狂っているかのようだ。この星は、どうしてこんな事態になってしまったのか。いったい、誰の仕業なのだろうか・・・

TV-CM

第3弾!!

かの星の救済計画、いかに。 篇

「いったい何なんだ?」
目の前にあるのは、爆発を繰り返す惑星。惑星の名は「モモー」。青く輝く地球と比べ、その星は全体が黒みがかった赤色に染まっている。まるで怒りに燃え狂っているかのようだ。この星は、どうしてこんな事態になってしまったのか。いったい、誰の仕業なのだろうか・・・

TV-CM

第3弾!! かの星の救済計画、いかに。 篇

「いったい何なんだ?」
目の前にあるのは、爆発を繰り返す惑星。惑星の名は「モモー」。青く輝く地球と比べ、その星は全体が黒みがかった赤色に染まっている。まるで怒りに燃え狂っているかのようだ。この星は、どうしてこんな事態になってしまったのか。いったい、誰の仕業なのだろうか・・・

3rd STORY

「いったい何なんだ?」
目の前にあるのは、爆発を繰り返す惑星。惑星の名は「モモー」。青く輝く地球と比べ、その星は全体が黒みがかった赤色に染まっている。まるで怒りに燃え狂っているかのようだ。この星は、どうしてこんな事態になってしまったのか。いったい、誰の仕業なのだろうか・・・

 

「荒廃しきったあの星を救え!」
かの星に先んじて上陸した、TAGUCHiの技術開発チーム。そこは、想像以上に荒れ果て、今も大きな爆発を繰り返しているのだった。空気も水も汚れきって、もはや生物は住めない状態・・・。そう、今回のミッションは、この荒廃しきった星を救うこと!

 

ひるむな、精鋭たちよ。
地球外の星を救うのは非常に大きな任務だが、ひるむことはない。なぜなら、今回のミッションが与えられるキッカケとなったのは、“岡山新首都化計画”を成功させ、“地球地下都市計画”をも成し得た事実にあるのだから。

 

一心不乱。
多くの知識と経験を積んだ精鋭たちは惑星モモーに一斉に乗り込み、一心不乱に“負の要素”を破壊し続けたのだった。精鋭たちに注目しTAGUCHiの技術開発チームへ依頼したある宇宙機関の目に、狂いはなかった。

 

気が付くと、そこには・・・
素晴らしい惑星があった。見わたす限り、希望に満ちている。ヤギが草をはみ、蝶が舞い、やさしく光が差し込む大地が見える。ようやく彼らは、惑星モモーの美しい姿を手にすることができたのだった。彼らは惑星をあとにした。

 

精鋭たちのミッションはこれで完遂した。いや、これが始まりと言えるかも知れない。彼らの物語はまだまだ続いていく。

 

<CAST>

GUZZILLA 小割機
全旋回グラスパー
GUZZILLA 大割機
ガリガリ君

3rd STORY

「いったい何なんだ?」
目の前にあるのは、爆発を繰り返す惑星。惑星の名は「モモー」。青く輝く地球と比べ、その星は全体が黒みがかった赤色に染まっている。まるで怒りに燃え狂っているかのようだ。この星は、どうしてこんな事態になってしまったのか。いったい、誰の仕業なのだろうか・・・

 

「荒廃しきったあの星を救え!」
かの星に先んじて上陸した、TAGUCHiの技術開発チーム。そこは、想像以上に荒れ果て、今も大きな爆発を繰り返しているのだった。空気も水も汚れきって、もはや生物は住めない状態・・・。そう、今回のミッションは、この荒廃しきった星を救うこと!

 

ひるむな、精鋭たちよ。
地球外の星を救うのは非常に大きな任務だが、ひるむことはない。なぜなら、今回のミッションが与えられるキッカケとなったのは、“岡山新首都化計画”を成功させ、“地球地下都市計画”をも成し得た事実にあるのだから。

 

一心不乱。
多くの知識と経験を積んだ精鋭たちは惑星モモーに一斉に乗り込み、一心不乱に“負の要素”を破壊し続けたのだった。精鋭たちに注目しTAGUCHiの技術開発チームへ依頼したある宇宙機関の目に、狂いはなかった。

 

気が付くと、そこには・・・
素晴らしい惑星があった。見わたす限り、希望に満ちている。ヤギが草をはみ、蝶が舞い、やさしく光が差し込む大地が見える。ようやく彼らは、惑星モモーの美しい姿を手にすることができたのだった。彼らは惑星をあとにした。

 

精鋭たちのミッションはこれで完遂した。いや、これが始まりと言えるかも知れない。彼らの物語はまだまだ続いていく。

 

<CAST>

GUZZILLA 小割機
全旋回グラスパー
GUZZILLA 大割機
ガリガリ君

3rd STORY

「いったい何なんだ?」
目の前にあるのは、爆発を繰り返す惑星。惑星の名は「モモー」。青く輝く地球と比べ、その星は全体が黒みがかった赤色に染まっている。まるで怒りに燃え狂っているかのようだ。この星は、どうしてこんな事態になってしまったのか。いったい、誰の仕業なのだろうか・・・

 

「荒廃しきったあの星を救え!」
かの星に先んじて上陸した、TAGUCHiの技術開発チーム。そこは、想像以上に荒れ果て、今も大きな爆発を繰り返しているのだった。空気も水も汚れきって、もはや生物は住めない状態・・・。そう、今回のミッションは、この荒廃しきった星を救うこと!

 

ひるむな、精鋭たちよ。
地球外の星を救うのは非常に大きな任務だが、ひるむことはない。なぜなら、今回のミッションが与えられるキッカケとなったのは、“岡山新首都化計画”を成功させ、“地球地下都市計画”をも成し得た事実にあるのだから。

 

一心不乱。
多くの知識と経験を積んだ精鋭たちは惑星モモーに一斉に乗り込み、一心不乱に“負の要素”を破壊し続けたのだった。精鋭たちに注目しTAGUCHiの技術開発チームへ依頼したある宇宙機関の目に、狂いはなかった。

 

気が付くと、そこには・・・
素晴らしい惑星があった。見わたす限り、希望に満ちている。ヤギが草をはみ、蝶が舞い、やさしく光が差し込む大地が見える。ようやく彼らは、惑星モモーの美しい姿を手にすることができたのだった。彼らは惑星をあとにした。

 

精鋭たちのミッションはこれで完遂した。いや、これが始まりと言えるかも知れない。彼らの物語はまだまだ続いていく。

 

<CAST>

GUZZILLA 小割機
全旋回グラスパー
GUZZILLA 大割機
ガリガリ君

GUZZILLAの伝説はここから始まる。

いま、この瞬間にも「GUZZILLA」はどこかで新しい伝説を創っている!

ひとりでも多くの人に、その伝説の目撃者となって欲しい。

TAGUっチャンネルへ

GUZZILLAの伝説はここから始まる。

いま、この瞬間にも「GUZZILLA」はどこかで新しい伝説を創っている!

ひとりでも多くの人に、その伝説の目撃者となって欲しい。

TAGUっチャンネルへ

GUZZILLAの伝説はここから始まる。

いま、この瞬間にも「GUZZILLA」はどこかで新しい伝説を創っている!

ひとりでも多くの人に、その伝説の目撃者となって欲しい。

TAGUっチャンネルへ

Copyright (c) TAGUCHI Industrial Co.,Ltd. All Rights Reserved.