お使いのブラウザでは、正しく表示されません。
新しいブラウザに更新してご覧ください。

MENU

ツインシリンダSRC切断・大割圧砕機
GUZZILLA 大割カッターD-SRC

SRC構造物解体を主とした万能機!

独自の強固なシリンダ構造で、クラス最大の開口幅を実現。SRC構造物の解体、鉄骨切断、大割作業とどんな作業にも便利な万能機です。ブレードホルダの先端までオールブレード仕様で、ブレード取替えのみで手軽にメンテナンス可能です。

◎クラス業界最大級の開口幅!
◎カッターは先端までオールブレード
◎ガジラカッター専用のオリジナル鋼材使用

SRC構造物解体を主とした万能機!

独自の強固なシリンダ構造で、クラス最大の開口幅を実現。SRC構造物の解体、鉄骨切断、大割作業とどんな作業にも便利な万能機です。ブレードホルダの先端までオールブレード仕様で、ブレード取替えのみで手軽にメンテナンス可能です。

◎クラス業界最大級の開口幅!
◎カッターは先端までオールブレード
◎ガジラカッター専用のオリジナル鋼材使用

本体クラスを選ぶ

  • D-SRC-131

    本体クラスの目安[ton] 12~14 使用圧力[MPa] 31.4 最大使用圧力[MPa] 34.3 本体長さA[mm] 1970 最大開口幅B[mm] 1000 ブレード長(根元側+先端側)C[mm] 170+240 先端圧砕力D[kN] 730 ブレード先端切断力E[kN] 1100 ブレード中央切断力F[kN] 1600 質量[kg] [F]1530 [S]1550 [A]1550

    • Fフリー旋回式
    • S油圧旋回式
    • A自動旋回式
    • 同期リンク
    • 増速バルブ
    • ダブル増速バルブ
    • ツインシリンダ
    • 大型シリンダ
    • アダプタパーツ
    • 二面使用タイプブレード
    • 四面使用タイプブレード
    • オートマ(Aのみ)
    • フリー旋回式

      Fタイプ

    • 油圧旋回式

      Sタイプ

    • 自動旋回式

      Aタイプ

    • 同期リンク
    • 増速バルブ
    • ダブル増速バルブ
    • ツインシリンダ
    • 大型シリンダ
    • アダプタパーツ
    • 二面使用タイプブレード
    • 四面使用タイプブレード
    • オートマ(Aのみ)

寸法図・仕様

  • Fタイプ / フリー旋回式

    D-SRC-131F D-SRC-211F D-SRC-351F
    本体クラスの目安[ton] 12~14 20~22 30~37
    使用圧力[MPa] 31.4 31.4 31.4
    最大使用圧力[MPa] 34.3 34.3 34.3
    本体長さA[mm] 1970 2280 2590
    最大開口幅B[mm] 1000 1300 1550
    ブレード長(根元側+先端側)C[mm] 170+240 220+300 240+340
    先端圧砕力D[kN] 730 1170 1430
    ブレード先端切断力E[kN] 1100 1770 2170
    ブレード中央切断力F[kN] 1600 2600 3140
    質量[kg] 1530 2490 3820

    ※Fタイプへは、1往復の油圧配管が必要です。※ガジラシリーズを取付ける油圧ショベルには、アームの補強をおすすめします。※クラスが異なる油圧ショベルには取付けることができません。(2019年5月時点)

  • Sタイプ / 油圧旋回式

    D-SRC-131S D-SRC-211S D-SRC-351S
    本体クラスの目安[ton] 12~14 20~22 30~37
    使用圧力[MPa] 31.4 31.4 31.4
    最大使用圧力[MPa] 34.3 34.3 34.3
    本体長さA[mm] 1970 2280 2590
    最大開口幅B[mm] 1000 1300 1550
    ブレード長(根元側+先端側)C[mm] 170+240 220+300 240+340
    先端圧砕力D[kN] 730 1170 1430
    ブレード先端切断力E[kN] 1100 1770 2170
    ブレード中央切断力F[kN] 1600 2600 3140
    質量[kg] 1550 2520 3840

    ※Sタイプへは、2往復の油圧配管が必要です。(但し、回転ラインの背圧が2MPaを超える場合、ドレン配管が必要です。)※ガジラシリーズを取付ける油圧ショベルには、アームの補強をおすすめします。※クラスが異なる油圧ショベルには取付けることができません。(2019年5月時点)

  • Aタイプ / 自動旋回式

    D-SRC-131A D-SRC-211A D-SRC-351A
    本体クラスの目安[ton] 12~14 20~22 30~37
    使用圧力[MPa] 31.4 31.4 31.4
    最大使用圧力[MPa] 34.3 34.3 34.3
    本体長さA[mm] 1970 2280 2590
    最大開口幅B[mm] 1000 1300 1550
    ブレード長(根元側+先端側)C[mm] 170+240 220+300 240+340
    先端圧砕力D[kN] 730 1170 1430
    ブレード先端切断力E[kN] 1100 1770 2170
    ブレード中央切断力F[kN] 1600 2600 3140
    質量[kg] 1550 2540 3880

    ※Aタイプへは、1往復の油圧配管が必要です。※使用圧力が低い場合、旋回不能になることがあります。※ガジラシリーズを取付ける油圧ショベルには、アームの補強をおすすめします。※クラスが異なる油圧ショベルには取付けることができません。(2019年5月時点)

製品カタログ

close

件中件を表示中

検索結果が見つかりませんでした。