Loading...
ガジラップ
taguchi

Introduction


解体の常識を解体 解体機械 × HIPHOP ラップで綴る解体業界の未来!


解体業界を牽引する
アタッチメントメーカー
「タグチ工業」

建築物を壊すために
つくられた機械とタグチの社員が、
解体業界の、日本の、世界の未来のために
懸命に汗を流している。

チームタグチは
現場の想いと苦労を背負って
日々襲い掛かる難題に、
立ち向かうのだった。

ガジラ、グラスパー、
クサカルゴン、マグ・ゴン、
エスカルゴン……。

鋼鉄の解体機械たちが今、
大地に立つ!

“控えめな愛”“大胆なG”で、
世界を創り変えるんだ!


解体の常識を解体

主役はマイメン アタッチメント
破壊だガジラ つかめよグラスパー
時代のゴングぶち鳴らせ ゴンゴン

控えめな愛(i)と大胆なGで
終わりが始まりさ
re-create the world


PERFORMANCE / MC

鈴鹿通儀 
Michiyoshi Suzuka

「解体の常識を解体」で始まるガジラップ。これは哲学です。TAGUCHiの精神です。世界に、いや、目下進行中のプロジェクトと共に宇宙に、ガジラップが響く日が来ますよう。

1990年大阪府生まれ、東京都在住。演劇ユニット・中野成樹+フランケンズのメンバーとして舞台を中心に活動。キャッチコピーは「華奢な身体から繰り出すアクロバティックな動きでチームの勝利に貢献」。好きなガジラはハンディガジラ。
MUSIC

礒﨑祥吾 
Shogo Isozaki

雨に煙る摩天楼の光をぼんやりと眺めながら、ワイングラスを傾ける。曲はシェーンベルクの『浄夜』。と、不意に着信。「ラップの曲を作ってくれませんか?」

1991年東京都生まれ、東京都在住。大学卒業後、空中をさまよいつつもTVやCM、自主制作映画などの音楽を手がける。最近のマイブームはアルゴリズム作曲。2017年に制作した5.1chサラウンドシステムのための「projection」が「坂本龍一|設置音楽コンテスト」で佳作入選し、NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)にて展示中(2018年3月11日まで)。好きな食べ物はカルボナーラ。
CAMERA

青木佳文 
Yoshifumi Aoki

撮影しながらストーリーが次々と浮かんできました。それらは鈴鹿さんの人柄や楽曲、ディレクターの趣向から溢れてきたものです。いいチームでした。続編を撮りたいです!

1977年愛知県生まれ、東京都在住。2006年頃より名古屋で演劇活動を開始、ハポン劇場「北斎とお栄」、西田シャトナー演劇研究所「サムライヘルメッツ」などに参加した。2008年に上京するとともに、theatre company shelfに参加。同劇団の「悲劇、断章-Fragment/Greek Tragedy」、「小さなエイヨルフ」、「モノガタる/ミセる」、「班女」などに出演した。劇団退団後、2012年に映画美学校フィクションコースに入学。修了後の現在、俳優をしながら映像作品を撮り続けている。

CG

猪塚敦子 
Atsuko Izuka

溶接部分はまだこだわりたいけれど、なんとか見られるレベルになったんではないかなと…。
可愛いアタッチメンをこれからもどんどん仕上げていきたいです♪

1985年香川県生まれ、岡山県在住。2014年タグチ工業入社。2017年よりタグチ工業からTAGUCHiのハウスエージェンシーであるG-WORKSへ転籍。入社時は事務員だったがあることがきっかけで3dsmaxを学び始める。現在はタグチ製品のCGを中心に制作している。カッターより大割が好き。夢はシティライトスタジアムの大スクリーンにガジラのCG映像を流すこと。

WORDS

半澤裕彦 
Hirohiko Hanzawa

ゆるゆるっと始まった企画でしたが、完成したものを見たら中毒性があって笑っちゃいました。楽曲チームと映像チームのツボが通じ合った結果かな。やったね。

1990年宮城県生まれ、東京都在住。演劇制作、文筆、映像など。2014年本多劇場制作部入社。2016年スイッチ総研所属。2017年こまばアゴラ演劇学校”無隣館”入塾。下北沢演劇祭実行委員会事務局(2015-)として「下北ウェーブ」「本多劇場祭り」などを企画。タグチ工業への歌詞提供は3作目となる。

DIRECTION

半澤敦子 
Atsuko Hanzawa

ガジラップの絵コンテを描いていた時はまさか完成がこのようになるとは思ってませんでした。想像を超えました。協力してくれた皆の才能のおかげです。バズれガジラップ!

1987年岡山県生まれ、東京都在住。タグチ工業経営企画室広報。2011年米国マサチューセッツ州・セイラム州立大学舞台芸術学部卒業(副専攻・写真)。2012年映画美学校入学より映像制作を始める。短編映画『OSANANAJIMI』が第1回クズデミー賞グランプリ受賞。タグチ工業にて、映像・写真・イラスト・アニメーションなどを中心に創作活動を行う。夢は元モーニング娘。の鞘師里保と握手すること。

Special


Interview

『ガジラップ』の謎に迫る!
 制作者が語る、
常識を解体する控えめな愛と大胆なG。

“解体機械× HIP HOP”という、観たものに鮮烈な印象を残す『ガジラップ』。
突発的なようで、なぜか妙にクオリティが高すぎるこの映像はどのようして生まれたのか。
そして、なぜ、何のために制作されたのか。

CMディレクターを務めたタグチ工業 経営企画室 広報担当 半澤敦子と、コンセプト立案とリリックを担当した演劇人 半澤裕彦。『ガジラップ』生みの親2人の口からは、組織とその黒幕の「常識を解体」する「控えめな愛」と「大胆なG」の存在が語られるのだった。

Download

『ガジラップ』含むアルバムの配信が決定!

『ガジラルバム 〜新世界〜』

2017.12.26 Release. ©タグチ工業

スーパーガジラテーマソング初配信!
企業渾身のファーストミニアルバム。

  1. 1.ガジガジOP
  2. 2.ガジラップ
  3. 3.ガジる
  4. 4.ガジラップ Remix
  5. 5.Shining Guzzilla
AppStoreからダウンロード

壁紙プレゼント

〈4500 x 3500〉

壁紙ダウンロード

Clothing

ガジラパーカー受注生産開始!

HEY YO!! GUZZILLAのボックスロゴが COOLなオリジナルパーカーをDROP!
解体業界だけじゃない、すべてのHEADSにマストバイな1着! これ着てなきゃモグリじゃね?

◯ 販売価格 未定

この冬もホットにキメたいレペゼンガジラなクルーのために最高にイルに仕上げたぜ。
裏起毛仕様のプルオーバーパーカーで、パジャマに愛用してすげぇチルな夜を過ごすマイメンも続出中!
※1着1着手刷りでの製作のため、お届けまで2週間程かかります。

Theater


《 劇場公開 》

バケットランド東松山
大スクリーン

ACCESS

関東エリアの最大拠点として10月にオープンしたタグチ工業のHOTなファクトリー「バケットランド東松山」。この工場内にはタグチのPVをいつでも鑑賞できる常設シアターがあるんだぜ!

ACCESS

《 テレビ放送 》

12月から岡山・高松エリアで
新CMとして放送中!

Making